6-14 <九段の丘>

四分の一の意味

苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。~~~人生の達人の多い、ユダヤ人が教えてくれた生き方です。人生は四分の三が苦しみで、四分の一が楽しみで、ちょうど良いのだと。生きるということは、苦労する事。そして、時々、息抜きのようなご褒美としての楽しみがあって、ちょうど良い。

失敗、失敗、失敗、成功。失敗、失敗、失敗、成功。失敗、失敗、失敗、成功。~~~失敗にめげないで、失敗を恐れないで行けば、成功が向こうから来る。<人は、成功からよりも失敗から多くを学ぶのです>

同じような表現がいくつかできます。逆風、逆風、逆風、順風。//逆境、逆境、逆境、順境。//反対、反対、反対、賛成。//

プロ野球の一流選手でも、4回バッターボックスに入って、1回ヒットを打てばレギュラーと言えるでしょう。その意味で言えば、空振り、空振り、空振り、ヒット。~~~「そりゃ、もっとヒットを打ちたいわ。でも、向こうは打たせまいと投げてくる」その中で、空振りを恐れていては、ヒットは打てんわ!だから、4打数2安打(打率5割)以上をマルチヒットと賞賛される。それだけ難しい!あの長島茂雄さんの生涯打率は3.333割だった。3打数1安打。すごい数字だった。

そう言えば、かのエジソンは、99回失敗して、100回目に成功したのではなかったか。その繰り返しをして、結果<発明王>と呼ばれるほどになった。失敗を恐れていたら、あの偉大なエジソンは誕生しなかっただろう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です