9-20 <九段の丘>

病者の祈り

大事をなそうとして 力を与えて欲しいと神に求めたのに
慎み深く 従順であるようにと 弱さを授かった

より偉大なことができるように 健康を求めたのに
より良きことができるようにと 病弱を与えられた

幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして 権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと 弱さを授かった

人生を享受し楽しもうと あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと 生命を授かった

求めたものは一つとして 与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
わたしはあらゆる人の中で もっとも豊かに祝福されたのだ
(ニューヨーク・リハビリテーション研究所に壁に書かれた一患者の詩)

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です