12-27 <九段の丘>

                                        反省と祈りと

わたしたち、この一年が終わろうとするとき、過ぎ去った日々を思い起こします。幸福な時や日々を与えられ、新しいことを学び、見聞きし、行い、新しい友を与えられ、古き友といよいよ親しみました。今、思い起こして、喜び感謝します。
  困難なことに直面し、苦しんだこともありました。しかしそれによって賢くなり、性格を強くすることができ、失敗を一つびとつ味わって、謙遜な心になり、人生が危険なこと、わたしたちがどれほど神さまを必要とするかを教えられました。今思い起こし、喜びをもって感謝します。
  仕事に失敗し、誘惑におちいり、人々を傷つけ、あざむき、失望させ、今になって後悔しています。今思い起こし、悲しみを持ってざんげします。
  わたしたちの中で、この一年が心おどらせ、興奮に満ちるような成功した年であった者は、いよいよ感謝をささげましょう。
  悲しい思いで、寂しさの中に一年を終わろうとしている者は、くじけない勇気と慰めをいただきましょう。
  この一年が平静で、特別なことが起こらなかった者は、運命に勝つも負けるも、日々のわざの中にあることを学び、みな例外なく祝福をいただく者になりましょう。
  2015年の終わりに際し、この一年に与えらえた人生の教訓を通して、さらに高く、尊ぶべきことに思いを高めることができるようになりましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です