チャイルドファンドのこと

チャイルドファンドジャパンの理事長を深町正信先生からお引き受けして久しくなります。教会内で、控えめにしていたところ、教会員から、もっと声を大にして、貴い奉仕について、髙田牧師自身が発信すべきだとの声があがりました。
CCWAから始まる戦後の、特に日本の子どたちへの愛情あるケアの数々・・それが、ケアをする人たちの養成校としての玉川保育学校から和泉短期大学へ、国内の子どもたちの施設としてのバット・ホーム、そして国外の子どもたちの応援を主とするチャイルドファンドの3本柱が、今日までそれぞれの使命を担ってまいりました。

チャイルドファンドの使命は、今のところ主にフィリピン、ネパール、スリランカの3事業国に絞られています。1975年からは受ける側から、与える側になりました。近年は特定非営利活動法人も取得しました。社会的認知も受けるようになりました。

ここで詳細を申し上げられません。ただ、最近はホームページも充実してきましたので、一度HPにアクセスしてみてください。わたしたちの活動の全貌を見ることができます。

気に入ったら、応援してください。関心のある方に、ご紹介ください。何といっても、ひとりでも多くの方に、活動をしっていただくことが先決です。よろしくお願いします。

2016年8月1日

チャイルドファンドジャパン理事長 髙田和彦(九段教会牧師)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です