教会紹介

九段教会の紹介ページです。施設紹介は小さい写真をクリックすると大きくなります。


  • 教会の沿革

    九段教会は、日本のプロテスタント教会の最大組織である日本キリスト教団に属していま す。教会の信仰的伝統の背景は、英国国教会の牧師ジョン・ウェスレー(1703ー1791)の信仰を継承するメソジスト教会として、1875年(明治8 年)に神田の地で伝道の歩みが始まりました。1898年(明治31年)に現在地に最初の会堂が建築されて以来この地で伝道を続けています。

    現在の会堂は1995年1月に完成しました。この地で三代目になる現在の教会は「風をはらむ船の帆」を象徴しています。そして、会堂と共に、教会に生きる私たちもイエス・キリストの風を受け、この世界に力強く漕ぎ出して行きたいと思っています。

    九段教会は創立以来130余年の古い歴史を持つ教会です。いつも新しい心で、神の愛を、イエス・キリストの喜びを宣べ伝えていきたいと願っています。


  • 初めての方へ

    礼拝はどなたでも参加できます。賛美、聖書朗読、祈り、説教、献金、祝福の祈りなどが「週報(プログラム)」の順序に従って行われます。聖書、讃美歌、交読詩編をお持ちでない方は受付でお貸しいたします。

    献金は礼拝に参加し、神様の恵みを感謝して捧げる行為です。金額は全く自由です。

    毎月第一日曜日とクリスマスやイースター等の礼拝では聖餐が行われます。これはキリストの十字架と復活の恵みのしるしであるパンとぶどう液を分かち合う礼典です。まだ洗礼を受けておられない方はお取りにならないで、着席して語られる言葉を通して参加してください。