2-25<九段の丘>

                   もうすぐ春ですよ! 2018年が始まったと思ったら・・・昔から「2月は逃げる」と言われるように、もう2月も終わろうとしています。いよいよ3月の声も聞こえます。受験生はそれぞれ進路が決[…]

もっと読む

2-18<九段の丘>

   弱さを誇る 「自分の弱さを誇ろう」(IIコリント12:9) それは進化論で割り切れるほど単純なテーマではない。とてつもない時間の経過があったことを先ず念頭に置かなければならない。そのことを前提での話だが。サルと人間[…]

もっと読む

復活祭までの歩み

2月14日はバレンタインデーでしたが、教会の暦では「灰の水曜日」でした。この日から日曜日を除いて40日を数えると「復活祭」になります。今年は4月1日です。新年度の初日が4月1日です。エイプリルフールで、新年度の始まりで、[…]

もっと読む

2-11<九段の丘>  

歴史を大切にする努力 もともと文化に対する理解がないのが我が国のあり方だ。最近とみにその傾向は強まり、文化財保護などに対する予算が削られている。音楽関係の方々とお会いすることも多いが、国の見えない文化財に対する理解は不十[…]

もっと読む

1-28<九段の丘>

信仰と祈りによって  すべてのイエス・キリストにある者は神さまの意志に従って生き、その生活および万事についての心配はことごとくこれを主に委ねてしまうべきことは下記の聖句によって最も明らかにとらえられています。   「何事[…]

もっと読む

1-21<九段の丘>

          個性的に生きよう  トルストイの「アンナ・カレーニナ」の冒頭の言葉は、たいへん有名です。    幸福な家庭はすべて互いに似通ったものであるが、    不幸な家庭はどこもその趣が異なっている。  このこ[…]

もっと読む