5-24 <九段の丘>

神さまに忠実に生きて・・・ 祝福をいただくために、引き出すために努力をしているか?いや、わたしは祝福などいらぬ、とおっしゃる方もあるだろう。祝福を狭い、自己中心的な或いは物質的なものと捉えるか、それとももっと根源的なもの[…]

もっと読む

5-17 <九段の丘>

教会の誕生日  キリストが十字架につけられ殺された。どうすることもできずに手をこまねいていた弟子たち。万事窮す。あのキリストとの日々は一体何だったのか。夢のように過ぎ去ったキリストのとの3年間が虚しい。 ところで3日目に[…]

もっと読む

5-10 <九段の丘>

本当にシカタガナイでいいのか?  カレル・ヴァン・ウオルフレンが書いた『人間を幸福にしない日本というシステム』という本がある。彼は長きにわたって日本に拠点をを置いて世界的に活躍しているジャーナリストだが、日本人に向[…]

もっと読む

5-3 <九段の丘>

ネパール大地震 インド大陸プレートとユウラシア大陸プレートが地球レベルでぶつかり押し合いへしあいしている、接点に位置するのがネパールだ。地球が誕生したある時期までは、この二つのプレートは遠く離れていたが、いつの頃からか接[…]

もっと読む

4-26 <九段の丘> 

青春に生きる 「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。バラの面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、たくましい意志、豊かな想像力、燃える情熱をさす。青春とは人生の深い泉の清新さをいう。 青春とは怯懦(キョウタ[…]

もっと読む

4-19 <九段の丘>

宗教の万国博覧会 友人とわたしは、博覧会に行きました。<宗教の万国博覧会>です。貿易見本市ではありません。宗教の見本市です。でも競争は同じくらい激しく、宣伝は同じくらい騒々しかったのです。 <ユダヤ教展示場>では、<神>[…]

もっと読む

4-12 <九段の丘>

パイを分けあっても、座席に坐れても 限られた一枚のパイがあります。これをそこにいる人々が平等に分けあうのが社会正義であることを主張したのがカール・マルクスでした。また彼は皆が平等にバスに乗れ、座席に坐れるようにならなけれ[…]

もっと読む

4-5 <九段の丘>

イースター・エッグって知ってる? 教会では、クリスマスを「固定祝日」に対して、イースターを「移動祝日」といいます。毎年、<「春分の日」の後の、満月の後の、日曜日>と決められているからです。移動の幅は、春分の日直後から約1[…]

もっと読む