7-5 <九段の丘> 

禅的生き方に学ぶ 酒処では、新酒ができるときき酒ということをいたします。検査官や税務員が立ちあって、いちいち酒の味をみて、これが一級だ、これは二級だとか決めるのです。そのとき、きき酒をする人は、口に含んだ酒を、ひとつ味わ[…]

もっと読む

6-28 <九段の丘>

神さまの賭け 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」(ヨブ記1:21) 罪のない人が、無垢なおさなごが、どうして信じられないような災い、困難に遭うのか?・・・・[…]

もっと読む

6-21 <九段の丘> 

   生きるに大切なこと わたしは、人間は単に生き永らえるのではなく、勝利すると信じます。人間が不滅なのは、生きとし生けるものの中で、人間だけが言葉を持っているからではない。そうではなく、人間は魂が、憐れみを感じ、犠牲的[…]

もっと読む

6-14 <九段の丘>

四分の一の意味 苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。苦しみ、苦しみ、苦しみ、楽しみ。~~~人生の達人の多い、ユダヤ人が教えてくれた生き方です。人生は四分の三が苦しみで、四分の一が楽しみで、ちょ[…]

もっと読む

6-7 <九段の丘> 

金・銀・鉛 自己管理は、結局のところ時間管理です。限りある時間を、どれだけ有効に用いるかにすべてがかかっていると言っても、過言ではないでしょう。一つの考え方を紹介します。必ずしもわたし自身が完ぺきに行っているのではないが[…]

もっと読む

5-24 <九段の丘>

神さまに忠実に生きて・・・ 祝福をいただくために、引き出すために努力をしているか?いや、わたしは祝福などいらぬ、とおっしゃる方もあるだろう。祝福を狭い、自己中心的な或いは物質的なものと捉えるか、それとももっと根源的なもの[…]

もっと読む

5-17 <九段の丘>

教会の誕生日  キリストが十字架につけられ殺された。どうすることもできずに手をこまねいていた弟子たち。万事窮す。あのキリストとの日々は一体何だったのか。夢のように過ぎ去ったキリストのとの3年間が虚しい。 ところで3日目に[…]

もっと読む

5-10 <九段の丘>

本当にシカタガナイでいいのか?  カレル・ヴァン・ウオルフレンが書いた『人間を幸福にしない日本というシステム』という本がある。彼は長きにわたって日本に拠点をを置いて世界的に活躍しているジャーナリストだが、日本人に向[…]

もっと読む

5-3 <九段の丘>

ネパール大地震 インド大陸プレートとユウラシア大陸プレートが地球レベルでぶつかり押し合いへしあいしている、接点に位置するのがネパールだ。地球が誕生したある時期までは、この二つのプレートは遠く離れていたが、いつの頃からか接[…]

もっと読む