九段教会コラム

コラムのトップへ戻る


2017 10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新着記事

バックナンバー

5-28<九段の丘> 

2017年05月27日

                                         子どもの心を
 「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、
     決して天の国に入ることはできない」(マタイ18:3)
 子どもはかわいいものである。特に1歳半前後の、ようやく片言がはなせるようになり、いわれたことを、簡単なことなら一生懸命にやろうとする頃の幼児の純真さ、誠実さ、無私といった美しい心情には神さまに近いものが感じられて頭が下がる。これは人間にとって最も大切なものではないだろうか。
 けれども、この大切な心情は子どもが成長していくにつれて薄れていく。逆に欲、虚栄心、競争心、傲慢が芽生えてくる。この心情はある程度自分の向上にも役立つが、多くはその方に力が入りすぎて醜い争い、戦い、ひとも自分も傷つけ、天国とはほど遠い人間になってしまう。それでも、何も知らない幼児に与えられているこの純真な、素直な誠実さ、無私というものが人間の根本的な、大切な心情であることを聖書は教えている。
 大人になってもこの幼な子の心を持っている者は天国に行ける。天国とは普通死後の世界をいうのだが、現実の人生でもその心を持つ人が誰からみても立派な美しい人生を送ることができることを暗示しているように思う。純粋な豊かな心を持ち続けよう。