九段教会コラム

このコーナーでは、教会からのコラムや行事等についての記事を投稿します。(不定期更新)


2017 10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新着記事

バックナンバー

9-10<九段の丘>

2017年09月09日

                                       やはり愛でしょう

「信仰と希望と愛のうち、最も大いなるものは愛である」(第一コリント13:13)。信仰はすばらしい。信じる心はすばらしい。人間、希望を失ったら生きていけない。希望があればこそ、現実がいかに厳しくても生きていける。だから、信仰も希望も愛も、等しく得難いものである。けれども使徒パウロが主張する。信仰よりも愛。希望よりも愛。愛が最も説得力がある。 愛はやさしい。愛は親切。愛はゆるし。愛は裁かない。愛は支える力。愛は包み込む。愛は温かさ。・・・無神論者でも無信仰者も、愛の行う力には無条件で認めざるをえない。

「よいサマリヤ人」のたとえにおいて、状況説明は極めて簡単だ。追いはぎ強盗に身ぐるみ剥がされ、半死半生になったユダヤ人にとって理屈はいらない。ことさらに登場人物に条件を付けて説明する必要もない。すべては明らかだ。

今日の教会において、この譬えが躓きになっていないかどうか。躓きとはギリシア語でスカンダリオンのこと。そこから派生した言葉がスキャンダル。人々に躓きをあたえるのがスキャンダル。今日の、教会とキリスト者が、この世にあってよいサマリヤ人になりきっているかが問われる。「地の塩」「世の光」になっているかどうか。理屈はいらない。

問題は、信仰ゆえに、教会規則。掟ゆえに、人を裁き、人を躓かせること。そのようになった時、教会は死ぬ。教会は無用の長物になり、人々から捨てられてしまう。現に、英国の礼拝堂には閑古鳥が鳴く。ドイツの教会、特にカトリック教会は、一教会平均50名弱の出席者。その3割ほどが今まさに閉鎖されようとしている。正教会やプロテスタント教会が購入を申し出たり、美術館、コンサートホール、レストランに衣替えする所もあるという。
教会の教会たる、あるべき姿を常に思い浮かべることが必要。


9-3<九段の丘>

2017年09月03日

              エキスパート
 スーフィー派に伝わるお話。
 死んだと思われたある男が、友人たちによって墓地へと運ばれてまいりました。棺が墓穴におろされようとする時、男は突然生き返り、棺のふたを叩きはじめました。
 棺が開かれ、男は尋ねました。「あなた方は一体何をしているのですか?」彼はとり囲む群衆に言いました。「わたしは生きています。死んではいません」
 男の言葉に、皆は驚いて沈黙しました。会葬者のひとりが、やっと口を開きました。「友よ、医者も導師もあなたが死んだことを証明しました。エキスパートが間違えるはずはありません」
 そこで男は無理やり棺に閉じ込められ、釘を打たれ、決められたとおりに埋葬されました。 
 防衛のことは国に、医療のことは医者に、犯罪のことは警察に、学校のことは教師に、政治のことは役人と政治家に、ロケット打ち上げや原子力のことは科学者に任せれば安心だと思っているところが、わたしたちにありはしないか。
 以前、総合病院で2日続けて、同じような抗生物質の薬を、別々の医師から処方されました。さすがのんきなわたしも、薬局でそのことを問いただし当日分を廃棄しました。お年寄りとか子供だったら、そのまま素直に薬を持ち帰り、2倍の薬を飲み、大事に至ったかもしれません。コワイことです。
 打ち上げた衛星が宇宙のゴミとなり、医療ミス、原発トラブルが実際に起こる。わたしたちは常日頃から、周囲の人々への関わりを大切にし、専門家を盲信せず、監視を怠ってはならないと思います。


8-27<九段の丘> 

2017年08月26日

                                                  理想に近づく
 かつてプロ野球で「安打製造機」の異名をとった打撃の名手、張本勲氏のところに、若手選手が相談に来た。
 「張本さん、理想のバッテイング・フォームについて、教えていただきたいのですが。」
 この質問に対して、張本氏は、こう答えた。
 「理想のバッテイグフォーム?
  もし、君がそれを知りたいならば、 一晩中、素振りをしなさい 
 一晩中、素振りを続けて、 疲れ果てたときに出てくるフォーム、
 それが、君にとって一番無理のない  理想のフォームだよ。」
 このエピソードは、大切なことを教えてくれる。
 われわれは、いつも、成功するための普遍的な方法があると思い、その理想的な方法を、安易に身につけたいと考えてしまう。(『フォーブス』No.39 2017.10 p.21のH.T氏の記事より) が、果たして、そんな調子のいい方法で 理想が身に着けられるものだろうか。
  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 ふとこんなことを考えた。聖書の通読は、野球の素振りのようなもの。ともかく理屈を言う前に、聖書を読み続ける。分かっても分からなくても読み続ける。理屈を云々は、そのずっと後。急がば回れ。
 自分から聖書に問いかけるのはずっと経ってから。どんな謙虚そうな質問でも結局自己主張でしかない。読んで、読んで、読み続けることによって、やがて神さまが聖書のみ言葉をもってあなたに語りかけてくるまでになろう。


8-20<九段の丘>

2017年08月19日

                                    雲の柱、火の柱
    —海や陸の水蒸気から生まれた雲は、やがて雨や雪となって地表に戻り、地球上の水循環を支えるほか、「昼は日傘のように太陽光を遮って地球の表面が高温になるのを防ぎ、夜は布団のように地表面が低温になるのを防ぐことで、太陽がもたらす熱のバランスを保っている」という。
以上はビッグイッシュー314号(2017.7.1)の特集『夏、雲をつかめ』の
雲研究者の荒木健太郎さんが語った一部です。

   以前、神学校の旧約学の教授にした質問は以下の通りです。—出エジプトの逃避行で、イスラエルを守り導いた雲の柱、火の柱はただの目印以上のものではなかったか。つまり、日中、太陽が照り付けるときには、日陰の役割を果たし、夜は人々を寒さから守るような電気コタツのヒーターのような役割はなかったのか?
   「そんなものは全く考えられない」というのがその学者の解答で、それ以上わたしのロマンチックな解釈を語ることはできなかった。
   確かに、字ずら的にはそうなのだろう。だが、そこに信仰的な解釈を加えるならば、わたしの期待に応えるものとならないか?別の箇所にはしかしながら、先ず幕屋の入り口に雲の柱が現れてのち、主その中に降り、モーセたちに親しく語りかけられている(民数12:5)。
   主はときに<雲の柱・火の柱のなかに臨在し>親しく民に接してくださったことを考えるのは、それほど無理なことではないだろう。そしてその中にわたしの希望的観察も含まれてもいいのではないか。


九段教会

2017年08月17日

 

 

モダンジャズコンサート

2017820日(日)14時~16

出演:高田光比古BAND

細川正道   (ベース)

小林鈴勘   (尺八・ギター)

サミー・田中 (ピアノ)

高田光比古  (ドラムス)

 

<入場無料>