神が共にいてくださる

 イスラエル人の挨拶の一つは「シャローム」です。これは平和があるようにと訳されます。しかし、単に争いがなく、のどかであるという意味ではありません。どんな時でも「神が共にいてくださる」と言う意味があります。そこに平安と幸いがあるのです。私たちが営む社会は、様々な言葉が溢れかえっています。しかも、多くは私たちの心を抉り取るような、計り知れない力を持った言葉です。不健康な言葉です。私たちは言葉によって躓き、傷つきます。そして病気になり立ち上がれなくなります。私たちは健康な言葉を求めています。私たちを健やかにさせ、幸いで満たしてくれる言葉を必要としています。主イエスは「わたしにつまずかない人は幸いである」(ルカ7:32)。と言われました。主イエスの言葉に躓いた人もいました。しかし主イエスの「安心して行きなさい」(ルカ8:48)「あなたがたに平和があるように」(ヨハネ20:21)という言葉によって、数多くの人々は立ち上がることが出来ました。そこに真の平和と幸いがあるからです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です