罪の顔(その5)

罪には5つの顔があります。その5、罪とは神様の真理を信じないこと。私たち人間が神様の真理を拒絶する時に、神様を侮辱してしまいます。「神を信じない人は、神が御子についてなさった証しを信じていないため、神を偽り者にしてしまっ[…]

続きを読む

罪の顔(その4)

罪には5つの顔があります。その4、罪とは自己中心のこと。神様の願っていることよりも、人間が意図的に自分のしたいことを選んでしまうことがあります。その時、私たちは罪を犯します。それは、神様を愛することよりも、自分を愛してし[…]

続きを読む

罪の顔(その3)

罪には5つの顔があります。その3、罪とは、的を外すことと言われています。人間の罪はアダムとエバが神様の禁じていた木の実を食べたことから始まったと聖書に書かれています。その罪は、一般に原罪と言われます。その罪の結果、聖書は[…]

続きを読む

罪の顔(その2)

罪には5つの顔があります。その2、罪とは、悪い思いを持つことと言われます。聖書は、これを「邪悪」と呼びます。私たちがもつ、他の人や神様から隠している内側の動機と関係があります。それは、私たちの堕落した人間性から出ているの[…]

続きを読む